会場:大学会館アートスペース
会期:平成28年8月2日(火)〜10月29日(土)

会場:大学会館アートスペース
会期:平成28年4月7日(木)〜5月28日(土)

筑波大学会館アートスペースにて、山口菜香亭とフランス 洋食器ピリヴィの美展が開催されています。

ピリヴィは、19世紀フランスに誕生した食器製造会社です。その純白の磁器は、今も製造され、フランス国内はもとより、アメリカや英国など世界の食卓で愛されています。しかしながら、19世紀あるいは20世紀初頭に製造されたピリヴィの食器は、日本ではほとんど知られておらず、皇室コレクションと旧山口菜香亭コレクションしか現存が確認されていません。旧山口菜香亭は、明治の元勲である井上馨が命名し、愛した料亭です。現在は山口市の管理する市民交流施設となっています。その3代目主人齊藤幸兵衛泰一が収集し、使用していたピリヴィ全20件71点の一部を写真パネルで紹介し、明治の文明開化の香りをお届けします。

皆様、ぜひご高覧ください。 さらに読む

筑波大学 大学会館アートスペースにて、石井コレクションの特集展示が開催されます。ぜひご高覧ください。

さらに読む

筑波大学開学40+101周年記念事業の一環で、玉川信一教授(芸術系)の洋画作品展を開催します。
筑波大学アート・ストリートの4会場で、油彩画26点を展示します。

さらに読む

「紙上の至高なるもの 筑波大学所蔵石井コレクション特集展示」が筑波大学大学会館アートスペースにて行われます。

さらに読む

「藤田志朗展 日本画 1988-2013 」が本学の”大学会館アートスペース”、”芸術系ギャラリー”で開催されています。

〈会期〉
大学会館アートスペース
2013年7月30日(火)– 9月29日(日)
9:00 – 17:00(月曜休館)

芸術系ギャラリー
2013年7月30日(火)– 9月29日(日)
9:00 – 19:00(土・日・祝日休館)

〈アクセス〉
・つくばエクスプレス:「つくば駅」で下車
・つくばセンターからバス:⑥筑波大学方面バス乗り場より
「筑波大学循環(右回り)」「筑波大学中央」行きに乗車
「筑波大学西バス停」「大学会館前バス停」で下車


「柴田良貴彫刻展 旅へ 1982−2012 moving forward Shibata Yoshiki Sculpture 1982-2012 」が本学の”A.大学会館アートスペース”、”B.芸術系ギャラリー”、”C.交流会館多目的ホール”で開催されます。
〈会期〉
A.大学会館アートスペース
2013年4月2日(火)– 6月2日(日)
9:00 – 17:00(月曜休館)
B.芸術系ギャラリー
2013年4月2日(火)– 6月2日(日)
9:00 – 19:00(土・日・祝日休館)

C.交流会館多目的ホール
2013年4月2日(火)– 4月14日(日)
9:00 – 19:00(会期中無休)

〈アクセス〉
・つくばエクスプレス:「つくば駅」で下車
・つくばセンターからバス:⑥筑波大学方面バス乗り場より
「筑波大学循環(右回り)」「筑波大学中央」行きに乗車
「筑波大学西バス停」「大学会館前バス停」で下車

〈主催〉
筑波大学芸術系 地域貢献推進室
柴田良貴研究室

筑波大学所蔵 石井コレクション 特集展示
頌詩—第二章 hommage to the nonconformists. II

会 期  2012年9月4日(火)〜9月30日(日) 9時〜17時
会 場  筑波大学大学会館アートスペース
主 催  筑波大学芸術系

入場無料
9月10日(月)、17日(月・祝)、24日(月)は休館

本学が所蔵する石井コレクションは、大学会館内の筑波大学ギャラリーにおける常設展示のほか、同会館内のアートスペースでの年一回の特集展示をとおして公開されています。
「駒井哲郎&池田満寿夫」(2010年度)「頌詩」(2011年度)に続く第三弾として、今回の特集は「頌詩—第二章」と題し、美術と文学の領域を積極的に越境して活躍した美術家や、因習的なカテゴリーや技法にとらわれず、自在な発想のもとで造形に対峙する作家に焦点をあてました。一連の作品は、美術がひとえに形象による技巧表現ではない、すぐれて知的な所産であることを、あらためて気づかせてくれるでしょう。 さらに読む


.
さらに読む