《深々、》(UTAC 筑波大学アート・コレクション University of Tsukuba Art Collection)

芸術系では昨年12月来、体芸図書館2階のカウンター前に「筑波大学アート・コレクション」の特別展示として、篠田守男名誉教授の《TC6106》をご覧いただいてまいりましたが、このたびその作品を、本学出身のガラス作家、遠藤章子氏による芸術専門学群卒業制作《深々、》に展示替えしました。

展示風景

芸術専門学群と大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻のクラフト領域で学んだ遠藤氏は、在学中から一貫して電気炉(キルン)を用いて耐火石膏の型にガラスを流しこみ熱変形させて鋳造する「キルンワーク」の技法にとり組んでいます。《深々、》は、元来6つのピース、4つの部分から構成される作品ですが、今回は作者の承諾を得たうえで、3つのピースによるふたつの部分のみを展示しています。

制作者の遠藤章子さんは本学大学院芸術専攻のご出身で、現在は県内を拠点にガラス工芸作家として活動されています。今回展示する作品《深々、》は遠藤さんの学群卒業制作で、「2007年度茗渓会賞」を受賞され「筑波大学アート・コレクション」の一つとして本学に買い上げられました。

作品の制作には「キルンワーク」という技法が用いられており、ガラスらしく透きとおった部分と氷砂糖のように半透明の部分が一体となっています。半透明の部分には空気の粒がたくさん含まれていて、下から見ると水中を浮かび上がる泡のように見えます。

実物を近くで見られるまたとない機会です。ぜひじっくりとご覧ください。

学外の方も鑑賞できます。(カウンターで見学申込書にご記入ください)
(体芸図書館:amg)

関連リンク:遠藤章子さんHP
https://shokoendo.jimdo.com/
体芸図書館のアート・コレクション特別展示の作品を入れ替えました (芸術系HP)
https://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/faculty/1596/