筑波大学芸術系逢坂卓郎教授の退官記念展が、大学会館内の筑波大学アートスペースと芸術系ギャラリーで開催中です。

逢坂卓郎教授退官記念展「FULLNESS OF EMPTINESS」
2012年12月4日(火) – 2013年1月31日(木)
筑波大学アートスペース 9:00-17:00(月曜休館)
筑波大学芸術系棟1F・2Fギャラリー9:00-19:00(土・日・祝日休館)

 

【経歴】
1975年に東京藝術大学修士課程終 現在、武蔵野美術大学教授を経て筑波大学人間総合科学研究所芸術学系教授。2001年に宇宙航空研究機構(JAXA)の客員研究員として、宇宙空間での芸術の可能性を問う 『Space Arts Project』を先導、弾道飛行による微小重力環境での遊泳実験を行う。 LOREAL Arts and Science大賞受賞。