吉野純筑波大学名誉教授の油彩代表作品10点による自選展が開催されます。

会期:2011年4月26日(火)~6月19日(日)
会場:筑波大学アートスペース ※月曜休館
主催:筑波大学芸術学系
.
本展は、アンフォルメル運動に影響される抽象表現の初期時代から欧州の風土に触れ豊かな色彩を獲得する時代、ロマネスク彫刻のプリミティブな形象に触発される時代、聖書に題材をとり叙事詩的な物語を展開する最近作までが網羅された内容になっています。
吉野名誉教授は、東京教育大学と筑波大学で教鞭をとり、芸術専門学群長などの要職を歴任しながら自身の表現としての油彩制作を継続されました。今回の出品作品に一貫して流れる吉野名誉教授の人間主義的視点による表現は、画家としての一つの在り方を体現したものです。
プリミティブな形象や豊穣な色彩が織りなす抒情(リリシズム)と全体に通底する温かな眼差しを感じていただければ幸いです。
.
■ アートスペースへのアクセス
学内から : ペデストリアンから大学会館に入って左手の奥にございます。
学外から : アートスペースへのアクセス:つくばエクスプレス線「つくば駅」から、
「筑波大学中央」行きまたは「筑波大学循環(右回り)」のバスに乗り、
バス停「大学会館前」で下車してすぐです。詳しくはこのページ上部にある「アクセス」をご覧ください。